コンサルティング業務 各種労働条件制度

各種労働条件に関わる制度構築

労働時間制度

どんな企業でも、労働時間の管理に関して何らかの課題を抱えているものです。顕在化していなくても、潜在的なリスクがあるケースが多く、就業規則の整備と合わせて定期的な検証、見直しが必要です。

労働時間の管理といっても、日々のタイムカードの打刻方法に関することや、裁量労働制の導入など多岐に亘りますが、法令や過去の判例、当事務所のこれまでの実績を踏まえ、各社の現状に合った制度のご提案及び運用のアドバイスを行っております。

画像
主なコンサルティング内容
  • 労働時間の把握方法
  • 長時間労働の是正
  • 変形労働時間制
  • 事業場外みなし労働時間制
  • 専門・企画業務型裁量労働時間制
  • フレックスタイム制
  • 管理監督者の扱い
  • 固定時間外手当制度の導入など残業対策
ノンコアな労働条件に関わる制度

賃金制度や労働時間制度といったコアな労働条件以外にも、会社の状況や世間水準、社員に期待することなど、様々な要素を踏まえて検討し制度を構築する必要のあるものが多くあります。当事務所では、ご依頼いただいた会社の人事労務制度全体のバランスや整合性を考慮しながら、個別の分野の制度構築を行っております。また、運用における細則の整備や、社内説明用資料の作成など、ご要望に応じたサポートをさせていただきます。

主なコンサルティング内容
  • 出張旅費(国内、海外)制度
  • 諸手当の制度
  • 休暇制度(法定・法定外)
  • 私傷病による休職制度(メンタル不全への対応)
  • ワークライフバランス制度(くるみんマーク取得支援)
  • パートタイマー等有期契約社員の労働条件制度
Page Top
業務内容